【完売】2018年10月17日(水)古今亭文菊 蝋燭の灯りで愉しむ長屋落語・『心眼』他一席(根岸・そら塾)
5b7031905f78667e96000b06 5b7031905f78667e96000b06 5b7031905f78667e96000b06 5b7031905f78667e96000b06

販売期間
2018/08/12 00:00 〜 2018/10/16 23:59

【完売】2018年10月17日(水)古今亭文菊 蝋燭の灯りで愉しむ長屋落語・『心眼』他一席(根岸・そら塾)

¥5,000 税込

送料についてはこちら

販売終了しました

【必ずお読みください。】 下記、ご了承の上、お申し込みください。 ・こちらはチケットなどは発券されません。 ・当日会場受付にて「お申込者のお名前」と「ご来場人数」をお伝えください。 ・公演中に音の出る(バイブレーション含む)精密機器の電源は必ずお切りください。マナーモードではなく、電源オフでお願いします。 === 秋の夜長に、台東区根岸の路地にある昭和初期に建てられた三軒長屋で、電気の照明代わりに和蝋燭を使って古今亭文菊師匠の落語を、間近で存分に楽しむ会を開催します。 会場は、柳家小春師匠のCDジャケット写真※にも登場する昭和の情緒が残った趣きある路地裏の三軒長屋を改装した「そら塾」さん。2014年5月に文菊師匠の落語会を開催させていただいて以来となります。 短い時間ではありますが、文菊師匠の話芸にどっぷりと浸ってください。 また会場は大変狭くなっております。師匠は客席を通って高座へ上がる予定です。満席の場合には、肩を寄せ合い、譲り合いのご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。 ※小春師匠のブログより https://koharuya.exblog.jp/19864488/ ※「真打ち」の語源 語源に関しては諸説あるが、寄席は当時、灯が全てロウソクだったため、トリで出演する芸人が最後にロウソクの芯を打った(=火を消した)事から転じてそう呼ばれるようになった、というのが最も有力。(Wikipedia) ▼ 開催日程 2018年10月17日(水) 18時30分 開場 19時00分 開演 『心眼』他一席 20時30分 終演 ※終演後、懇親会予定 希望者のみ(参加費別途) ※懇親会の出欠確認については、10月初旬にお申込み済みの方へメールでご案内をお送りする予定です。今しばらくお待ちください。 ▼ 定員 25名 ※全席自由席 ※座布団席、椅子席少々 ※椅子席をご希望の方はお早めにご来場ください。ご予約は承れません。 ▼ 木戸銭 前売   5,000円(税込) 当日払い 6,000円(税込) ※前売価格は、オンラインでお申し込みされ、事前にお支払いを済まされる方が対象です。事前にご予約をいただいても当日会場にてお支払いになる場合は、当日払い価格となります。 ※前売が完売した場合、原則、当日券の販売はございません。 ▼ プロフィール 古今亭文菊(ここんていぶんぎく) オフィシャルサイトのプロフィールをご覧ください。 http://www.bungiku.com/profile/ ▼ 会場 そら塾 http://sorajyuku.ciao.jp/ 〒110-0003 東京都台東区根岸3-13-25 https://goo.gl/maps/yoFLpPPGcaU2 当日連絡先:050-7126-0933(竹ノ輪・竹村) ▼ アクセス ・JR山手線鶯谷駅南口より徒歩5分 ・東京メトロ日比谷線入谷駅より徒歩5分 ・都バス上26系統(上野公園~亀戸駅前)下谷2丁目バス停より徒歩3分 ・台東区循環バス北めぐりん根岸3丁目バス停より徒歩1分 「そら塾」アクセスマップ http://sorajyuku.ciao.jp/map/ ▼ 注意事項 ・お支払い期限までにお支払いが確認できない場合には、お申込みをキャンセルとさせていただく場合がございます。 ・購入後のキャンセル、返金はいたしません。ご了承ください。 ・イベント中における許可された写真撮影や録音以外は固くお断りいたします。 ・未成年の方はご参加いただけません。ご了承ください。